MENU

育毛に効果があるプラセンタ

肌に良いとして最近注目されているプラセンタですが、髪にも良い効果をもたらしてくれることをご存知でしょうか?

 

まず、プラセンタとは、胎盤のことです。その胎盤とは、胎児がお母さんから栄養を受け取るために必要な組織のことをいいます。胎盤は、胎児が成長していくためには欠かせない組織で、いろいろな作用を持っています。胎盤にはいろいろな栄養素が含まれていて、人以外には、豚や牛、羊のほか、植物から採取することができます。

 

そのうち、人から採取することができるプラセンタは医療関係に、豚や牛などから採取することができるプラセンタは美容分野で多く利用されていて、植物から採取することができるプラセンタは、サプリメントに利用されることもあります。

 

プラセンタは、肝臓の機能を回復したり、更年期障害の緩和に利用されたりしていますが、プラセンタを投与することで、更年期障害の方の肌のハリが戻ったということから美容分野も注目するようになり、それ以降、美容分野でも使うようになったそうです。

 

では、そんなプラセンタが髪の毛に良い効果をもたらす理由ですが、抜け毛の原因の1つである、男性ホルモンの働きを低下させてくれたり、毛母細胞の分裂を活性化させてくれたり、新陳代謝を向上させてくれたりする作用があるためです。

 

新陳代謝が向上するということは細胞が生まれ変わる作用を促進させてくれるということです。髪の毛の根の部分である毛根は、毛母細胞と毛乳頭という部分で構成されています。

 

その毛乳頭は毛母細胞に栄養を運んだり、毛母細胞に髪の毛を生やすように命令を与えたりしているため、血液中から酸素や栄養素を毛母細胞に与える役目をしています。

 

薄毛になったり、抜け毛になったりする原因に、血液の流れが悪いことが挙げられるため、血液の流れが良くなれば毛乳頭は酸素や栄養素を毛母細胞に届かせることができます。

 

ここで、プラセンタの出番で、プラセンタには、血液の流れを向上してくれる働きがあります。実際に、医療機関でも育毛のためにプラセンタは利用されていて、プラセンタ含む薬剤を注射したり、患者にプラセンタを服用させたりしています。

 

育毛に必要なことは、毛細血管の血液の流れが滞っていない、男性ホルモンが出過ぎていることによって引き起こされる皮脂が出過ぎていない、毛母細胞の細胞分裂の活動が良い、頭皮が炎症をおこしていないことです。

 

プラセンタは、以上のようなことのすべてに効果があるため、ほかの成分と比べても、育毛に効果を発揮してくれます。頭皮環境が悪く、頭皮が炎症を起こしている方は意外と多いと思いますので、そのような方は、プラセンタを使って育毛対策をしてみても良いでしょう。