MENU

育毛に使用されている薬

育毛のために使用される薬の代表的なものは、医師の処方が必要なプロペシアとミノキシジルです。日本では許可が下りない薬が多いため、個人で海外から輸入している方もいることでしょう。

 

その日本で許可が下りている育毛のために使われる薬のうちのプロペシアは、ランキングでみても、2番目に使っている方がいるくらいで、非常に愛用者がたくさんいます。

 

このプロペシアは、日本では許可が下りているため、医療機関を受診して医師に処方する方が多いですが、個人で輸入している方もいて、輸入の場合には医療機関で処方されるよりも割安で購入することができます。

 

個人輸入をする理由は、日本で許可が下りているという安心感からなのでしょう。ほかにも、フィンペシアという薬もあり、ランキングでは1位を獲得しています。

 

このフィンペシアもプロペシアと同じく、安全性が確保されていることが人気の理由でしょう。フィンペシアは、プロペシアの後発医薬品なので、プロペシアよりも安く買うことができる点も人気の理由かもしれません。

 

ミノキシジルは3番目に使っている方が多い薬です。このミノキシジルは、その人の体質やそのときの体調、使用方法で副作用の危険性が高まってしまう薬です。

 

使用した方全員が何らかの副作用を引き起こすとは言い切れませんが、効果を期待するあまり、使い過ぎるのは止めておいたほうが良いでしょう。

 

ほかにも、ロゲインという薬もあり、この薬は、血液の流れを良くすることで育毛をする薬です。最後の最後まで使えるため、経済的にもやさしいです。

 

今では、インターネットが普及しているため、海外製の医薬品を割安で買うことができて便利な世の中になってきました。ただ、注意してほしいのは、海外製でも医薬品の分類に入るということです。

 

海外製の場合、その国の体質などに合わせてあるため、日本人には合わない可能性があったり、使用方法が日本人に合っていなかったりすることがあります。

 

ほかにも、副作用が出やすい可能性もあるため、個人で輸入する場合には、そのことを頭に入れておきましょう。

 

また、薬には副作用が付きものですが、頭がかゆくなったり、肝臓の機能が低下したり、性欲が減退したりという副作用が引き起こされる可能性がありますが、副作用が出た方の比率をみてみると、使用者のほんのわずかなので、使用方法を間違わない限り、過度に心配する必要はないでしょう。

 

ほかにも、薬を使っていて、体調がすぐれないといった場合には、すぐに医師の診断を受けたほうが良いでしょう。よって、海外製の製品は避け、日本で許可が下りている薬を医師に処方してもらって、医師の言うとおりに使用したほうが確実でしょう。