MENU

正しいシャンプーの方法

きれいな髪の毛にするために必要なのは、間違ったシャンプーをしないことです。トリートメントも大切ですが、間違ったシャンプーをせずに、頭皮の状態をきれいにすることが先決です。

 

シャンプーを落とすときに大切なのは、髪の毛だけを洗ったり、髪の毛に付着した汚れを取ったりすることだけでなく、頭皮に付着した汚れを取ることです。

 

まずは、シャンプーをする前にブラシを使ってブラッシングを行ってください。

 

ブラッシングを行うことで、髪の毛に付着した汚れが表面に出たり、髪の毛の絡まりを取ったりすることができます。このときのポイントは、目の粗いブラシを使うことで、目の粗いブラシを使うことで、髪の毛の絡まりがある部分を簡単にとかすことができます。

 

髪の毛の絡まりをそのままにしてシャンプーをしてしまうと、髪の毛が擦れあって髪の毛にダメージを与えてしまうため、ブラッシングはきちんと行ないましょう。

 

髪の毛を濡らすときには、頭皮から濡らし、水の温度は、38〜40度ほどにしておきましょう。できれば、塩素で処理してある水でシャンプーをすると良いでしょう。

 

頭皮が十分に濡れている状態だと、少しのシャンプーでもしっかりと洗うことができるため、頭皮は十分に濡らしておきましょう。

 

また、シャンプーを髪の毛や頭皮から完全に取り除かないと髪の毛や頭皮に良くないため、できるだけ少ない量のシャンプーで髪を洗ったほうが良いでしょう。

 

外出するときに整髪料を使っている方は、整髪料を落とすときには、力を入れて落とすのではなく、指の腹を使ってやさしく落とすようにしましょう。

 

シャンプーを使うときには、顔を洗うときと同様の感覚でやさしく洗うことが大切で、ゴシゴシと洗うと髪の毛や頭皮がダメージを受けてしまいます。

 

そのようなことを防ぐ方法として、シャンプーを髪の毛につける前に手のひらにシャンプーを取り、しっかりと泡立ててから髪や頭皮につけていくと良いでしょう。

 

髪の毛を洗うことも大切ですが、頭皮を洗うことのほうが大切なので、頭皮をマッサージする感覚でシャンプーをしましょう。このときのポイントとしては、後頭部は髪の毛を上に上げて髪の毛ではなく頭皮をシャンプーするようにしましょう。

 

ほかにも、指を動かすときには、円を描くようにグルグルと動かすと良く、これにより、頭皮の血液の流れが良くなったり、髪の毛が摩擦を起こさずにすみます。

 

シャンプーが終わったらすすぎをしますが、このときのポイントは毛先からではなく、頭皮の部分からシャンプーを洗い流すことです。このようにすることで、効率良くシャンプーを落とすことができます。

 

また、シャンプーを完全に取り除くことも大切なので、しっかりと時間をかけてすすぐようにしましょう。一般的に売られているシャンプーというのは洗浄力が強いシャンプーのため、できるだけ少量のシャンプーで洗うようにして、洗浄力が弱いシャンプーを使っている方は、2回シャンプーをすると良いでしょう。