MENU

育毛剤の副作用とは

髪の毛が薄かったり、抜けたりする方にとっては、効果がある育毛剤を使用したいと思うことは当然でしょう。ただ、育毛剤というのは、万人に対して安全が保たれているとは言い切れないため、副作用が出る危険性はあります。

 

そのため、育毛剤を使う前に、育毛剤の副作用にはどのようなものがあるか知っておきましょう。そこで、ここでは、育毛剤の副作用について見ていきます。

 

副作用を引き起こす危険性がある育毛剤の代表的なものは、医薬品扱いのミノキシジルとフィナステリドという育毛剤です。

 

ミノキシジルのほうは、もともと、血管を広げるために作られた成分ですが、育毛にも作用してくれることが発見されてから、育毛分野にも利用されるようになっていきました。

 

このミノキシジルの副作用ですが、頭皮のかゆみが引き起こされたり、過剰に使うと低血圧を引き起こしたり、アレルギー反応を引き起こしたりします。また、大量に使った場合には、いろいろな副作用があると報告されているため、大量に使うのは止めましょう。

 

フィナステリドのほうは、前立腺肥大の薬に使われている成分ですが、男性型脱毛症という病気にも効くことが分かり、育毛剤に使われるようになっていきました。

 

このフィナステリドの副作用ですが、肝機能が低下することがありますが、副作用が出る確率は低いといわれています。ただ、副作用の起きる確率が低いと言っていても、効果が期待できる育毛剤というのは頭皮や髪の毛に刺激を与えすぎるものもあります。

 

そのため、使用方法を間違えずに正しく使うことが大切になってくるでしょう。特に、飲むタイプの育毛剤というのは、体に対しても悪影響を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。塗布タイプの育毛剤は、かゆくなるなどの症状が出たときには医療機関を受診しましょう。

 

育毛剤の種類には添加物が一切含まれていない育毛剤もあり、これは医薬品扱いではないので、ほかの育毛剤よりも効果は期待できませんが、肌が敏感な方だったり、アレルギーを引き起こしたくない方だったりする方にはおすすめです。

 

ほかにも、強力な育毛効果がある育毛剤を使ったとしても、頭皮や髪の毛が正常な状態でないと効果が現れにくく、むしろ、頭皮や髪の毛に悪影響を与えてしまう恐れもあるため、栄養のバランスを考えた食事を食べたり、ストレスを発散させたり、生活習慣を見直したり、頭皮や髪の毛を生活に保ったりすることも同時に行いましょう。

 

また、シャンプーをきちんと行い、頭皮をきれいにして、髪の毛の生まれ変わりのサイクルを整え、その上で育毛剤を使うのが理想といえるでしょう。