MENU

育毛剤が効果を現わすまでの時間

育毛剤が効いてくるまでには数ヶ月間待たないといけないとされているため、育毛剤を使っても、1ヶ月や2ヶ月で効果が出ることはあまりなく、6ヶ月〜1年間はずっと使わないと自分に合っているか判断がつかないとされています。

 

髪の毛というのは、生えてから抜けるまでの期間が決まっていますが、それでも個人差はあります。通常は男性の場合、3年〜5年のサイクル、女性の場合、4年〜6年のサイクルで髪の毛が生えてきて、抜けているようです。

 

しかし、毛根の機能が低下してしまうと、髪の毛が成長しにくくなってしまいます。

 

髪の毛というのは、活動する時期と休む時期が交互にあり、休んでいる時間はそのままでも、活動している時間だけが短くなると、髪の毛が抜けるまでの時間が早まったり、弱い髪の毛しか生えてこなくなったりしてしまいます。

 

また、弱い毛の後に生まれる髪の毛は、それよりも弱い髪の毛になるので、薄毛という現象が起き始めます。健康な方の髪の毛の場合、髪の毛が抜ける時期が来ると活動を止めて休む時期になり、この休んでいる時期に髪の毛が抜けて、新しい髪の毛が生えてきます。

 

しかし、休む時期から新しい髪の毛が生えるまでには4ヶ月〜6ヶ月ほどの時間が必要なので、この休む時期にどんなに強力な育毛剤を使用したとしても、効果を得られることはありません。

 

よって、育毛剤が本当に効いているかを判断するためには、最低でも4ヶ月〜6ヶ月ほどの時間を待たなければいけないということです。そのようなことを知らないまま育毛剤を使ってみて、効果がないと苦情をいう方がなかにいます。

 

このようなときには、確実とはいえませんが、その方の髪の生え変わりの周期のうち、休む時期に育毛剤を使用した可能性が否定できません。

 

髪の毛が休んでいる時期には、どんな育毛剤を使用しても毛根に直接働きかけることは難しいため、効果を得らず、育毛剤が悪いと考えてしまうのでしょう。

 

育毛剤というのは長い目でじっくりと使わなくては効果を得ることはできず、「3ヶ月で効果が出ました」という方の場合、髪の生え変わりの周期と髪の毛が活動している時期が重なったと考えられます。

 

よって、育毛剤を使うときには、1ヶ月や2ヶ月使っても効果が出ないといって使用を中止するよりは、6ヶ月以上はじっくりと使ってみたほうが良いでしょう。

 

しかし、育毛剤を使って頭皮が炎症を起こしたという場合には話は別で、その育毛剤は自分には適さない育毛剤だと思われますので、すぐに使うのを止めて、医師の診察を受けたほうが良い場合があります。