MENU

育毛に効果がある成分と食べ物

髪の毛に良い効果をもたらす食べ物でイメージするのは昆布などの海藻類でしょう。ワカメや昆布などの海藻類にはミネラル分がたくさん入っているため、髪の毛に良い効果をもたらしてくれることは確かです。しかし、体にとって良い栄養素というのは髪にとっても良い栄養素だと思って良いでしょう。

 

例えば、ワカメや昆布だけを摂取して、ほかの食べ物を食べないという場合、栄養のバランスが崩れてしまって、体に効率良く吸収されなくなる恐れがあります。いろいろな栄養素をバランスよく食べることは健康につながりますが、それは髪の毛にも言えることだということを覚えておいてください。

 

しかし、どんな成分が髪の毛に良い効果をもたらすか分からないという方もいるでしょう。そこで、ここでは、特に髪の毛のために摂取してほしい成分を紹介しますので参考にしてみてください。また、いろいろな成分をこれから紹介するため、そんなに毎日は無理と感じるかもしれませんが、1つの食べ物には1つの成分以外にもいろいろな成分が含まれているため、これから紹介する食べ物全てを摂取する必要はありません。

 

それでは、髪の毛に良い効果をもたらすとされる成分と食べ物を紹介します。

 

たんぱく質

 

たんぱく質は20種類ほどのアミノ酸で出来ていて、肉類や魚類、乳製品、卵、大豆、納豆、豆腐などにたくさん入っています。そのアミノ酸のなかでも、9種類は人間の体の中では生成することが不可能なアミノ酸がありますので、それらは食べ物から補給する必要があります。

 

しかし、過剰摂取してしまうと、内臓脂肪が増えたり、血管がもろくなったりするため、できるだけ食べないようにしたほうが良いでしょう。

 

亜鉛

 

人間の体の中には少ししかありませんが、酵素という生きていくために不可欠な成分のうち、15分の1が亜鉛がないと正常に働いてくれません。

 

また、髪の毛の成分であるケラチンは亜鉛が足りないときちんと働かず、抜け毛の原因になります。その亜鉛は、貝類、魚介類、肉類、海藻類などに多く含まれています。

 

ビタミンB

 

ビタミンBは、たんぱく質が体の中で働いてくれるために必要な成分です。そのビタミンB群のなかでもビタミンB2とビタミンB6は、皮脂が出過ぎるのを防いだり、新陳代謝を向上させてくれたりする働きがあるため、頭皮がベタベタしている方や頭皮が炎症を起こしやすい方にはぜひ摂取してほしい成分です。

 

ビタミンB2のほうは、大豆、卵、レバーのほか、緑黄色野菜にたくさん含まれています。ビタミンB6のほうは、マグロやカツオ、イワシ、サバなどの魚類のほか、肉類、キャベツ、大豆、バナナなどにたくさん含まれています。

 

ビタミンA・C・E

 

この3つは、体の老化を防いでくれる効果を持つ成分です。ビタミンAのほうは、緑黄色野菜をはじめ、レバーやうなぎに含まれています。ビタミンCのほうは、柑橘類、野菜、イチゴに含まれています。ビタミンEのほうは、ナッツ類、魚介類、植物由来の油、ゴマに含まれています。