MENU

まゆ毛・まつ毛・ヒゲの育毛対策

薄毛や抜け毛になると、見た目年齢が実際の年齢よりも上に見られがちになります。そのようなことから、髪の毛が薄くなったり、髪の毛が抜けたりする方は、これ以上進行しないように対策をしていることでしょう。

 

ただ、毛が生えている部分は髪の毛以外にも、まゆ毛、まつ毛、ヒゲなどがあります。これらの部位を育毛する方が増えてきたことから、専門の医療機関もあるくらいです。

 

女性にとっては、これらの部分で特に気にするのは、まゆ毛やまつ毛ではないでしょうか。化粧をすることである程度は隠せますが、すっぴんの状態でも、自然なまゆ毛やまつ毛でいられたらそれがベストでしょう。

 

そんな方の手助けになってくれるのが、まゆ毛やまつ毛用の育毛剤です。この育毛剤は、女性のみならず、まゆ毛をカッコよくしたいという男性でも使っているみたいです。その眉毛の育毛剤には、医薬品扱いと雑貨扱いの育毛剤があるようです。

 

医薬品扱いの育毛剤のほうは、男性ホルモンが主な成分で、クリームタイプとなっていて、医療機関で処方してもらうことができます。

 

雑貨扱いのほうは、アメリカでは話題の商品で、インカハーブから採れたサンドズ溶液という成分が含まれていて、まゆ毛を育毛してくれるとして多くの方が愛用しているようです。

 

使い方は簡単で、毎日まゆ毛に塗るだけという手軽さです。これも人気の秘密で、たったこれだけで毛が生えてくるようになるということで、アメリカでは評価が高いです。

 

ほかにも、国内の薬局では酢酸DL-α-トコフェロール、ケラチン液などが含まれている育毛剤を購入することができます。

 

また、まゆ毛の毛が抜けないようにしてくれるクリームもあり、このタイプは、薄くなったまゆ毛を濃くしてくれるタイプで、数週間もあれば効果があったという方もいて、男性女性問わず、愛用者が多く、美しいまゆ毛にすることができる育毛剤となっています。

 

これらの、髪の毛以外の育毛剤というのは、そこまで商品数は多くはありませんが、髪の毛以外の育毛をすることができる商品があることは確かです。

 

商品になるということは、髪の毛以外の毛が生えている部分も育毛をしたいと考えている方がたくさんいることの表れでしょう。もし、まゆ毛や、まつ毛、ヒゲなどが薄くなっているなどで困っている方は、以上のような育毛剤を使ってみると良いでしょう。

 

しかし、まつ毛の場合は、大切な目の周りにある部分なので、くれぐれも目の中に育毛剤が入らないように、神経を集中して育毛剤を使うようにしましょう。

 

また、目に育毛剤が混入したり、肌荒れを引き起こしたりした場合には、そのままにしておかず、使うのを止めて、医療機関を受診するようにしましょう。